あらすじ

ある日のこと…

たいへん!おじいさんの薬を買いに、街までおつかいへ行ったエトが、いつまでたっても帰ってきません。

エトは黒髪の一族の生まれ。ひょっとしたら、ふるい考えの妖精たちにいじめられているんじゃないだろうか。
そう考えたら、ステラは居ても立ってもいられません。

「おじいさん、わたし、エトをさがしにいってくる!」

おじいさんにそれだけ告げると、ステラはいちもくさんに家を飛び出したのです。

おじいさんの家を出て…

キノコの森をひとっとび…

廃工場をくぐり…

りんごの木を抜けて…

「あっ!そんなところにいたの!」

ようやく、ステラはエトを見つけることができました。暗い路地裏で、エトは迷子になっていたようです。

あぶない目にあっていなくてよかった。さあ、おうちに帰りましょう。
でも、ふたりはずいぶん遠くまで来てしまったようです。エトは空を飛べないし……。

まあたぶん大丈夫。きょうだいで力を合わせれば、どんな道でも帰れます。
ステラはエトに向かって、声をかけるのでした。

「エト、帰ろう」

キャラクター

ステラ

妖精の少女。空を自由に飛べます。
植物を成長させる魔法を使うことも。
エトにとって、頼れるお姉ちゃんのような存在。

エト

黒髪の少年。空は飛べませんが力持ち。
いろんなモノを押して動かせます。
ステラにとって、かわいい弟のような存在。

ギャラリー

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image